赤ちゃんの脂漏性湿疹の原因

赤ちゃんの脂漏性湿疹の原因は、皮脂が過剰に分泌されていることなので、その原因そのものにはたらきかけて治すということができません。そのため、脂漏性湿疹の対処法としては、分泌された皮脂を溜めないことが重要です。

ホルモンバランスなどの影響によって、皮脂が過剰に分泌されてしまっているので、それをどれだけ拭き取ったり、着替えをさせたりして溜めこまないようにできるかがポイントになります。つまり、赤ちゃんを常に清潔な状態に保ってあげることが早く治るポイントになるのです。

髪の毛やうぶげなどが生えている場所は、特にかさぶた状の皮脂が溜まりやすい場所なので、お風呂で石けんや赤ちゃん用のボディソープを泡立てて、指の腹で優しくなでるように洗っていきます。かさぶたが頑固な部分には、入浴前にベビーオイルなどをやさしく塗りこみ、かさぶたがはがれやすいようにしておくことも重要です。

また、かさぶたが気になるからといって、爪ではがすことは決してやってはいけません。赤ちゃんのお肌は大人の肌よりも薄く、とてもデリケートなので、かさぶたがはがれるときに赤ちゃんのお肌まで傷つけてしまう可能性が高いからです。赤ちゃんをお風呂に入れる前には、爪が伸びていないかしっかりと確認してからにしましょう。

参考サイトはこちら⇒http://ファムズベビーー.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です